2017/06/18 14:18:18 |

土地売却をする時は不動産情報サイトを確かめ、場所ごとの価格の変動の状況や最新のニュースを参考にして需要の状況を把握する必要があります。土地は住宅物件を購入するために最適な場所を選ぶことが重要なため、信頼や実績がある不動産会社を探して担当者と相談して段取りを決める方法が望ましいです。高く売りたい場合はタイミングを逃すと価値が下がる傾向があり、最新の情報をチェックして引越しをする時期を選ぶと今後の人生につながります。
土地売却は不動産会社のスタッフとのコミュニケーションをしやすくすることを心がけ、仲介手数料やローンをする際に手数料がかかるため流れを確かめて計画を立てることが重要です。地価の状況は様々なことが要因で大きく変動しやすく、不動産情報サイトを確かめて傾向を分析すると新たなきっかけをつかめます。住宅物件は価格が高いため購入するためには最適な時期を選ぶことが重要で、不動産会社のスタッフと相談して決める方法が望ましいです。
土地売却を成功させるために知るべきポイントは場所ごとの価格の変動の状況で、需要が見込めると高くなるため会社のスタッフと相談して新たなきっかけをつかむと効果的です。土地を手放す時は様々な手続きが必要なため流れを把握して段取りを決め、なるべく高く売れると新しい物件を購入するための資金として活用できます。土地は資産価値が残るため安い時期を選んで購入し、生活の拠点として暮らしやすい住宅物件を購入すると便利です。

 

《おすすめサイト》
損をしない土地売却の方法とは?賢く売る方法をお伝えします

2017/06/07 14:21:07 |

2016年10月に関西から九州への転勤が決まりました。関西では2LDKに住んでおり、九州でも同間取りの物件を探そうと思い、実際の転勤する3か月前から、全国的にも有名な不動産屋数社に連絡のうえインターネットで掲載されている物件も含め、情報提供を依頼し、物件情報を提供してもらうこととしました。
そうやって物件を探しながら赴任の1ケ月前には物件を決定しようと思っていました。いざ時間が進み物件を決定する段階で、ある程度気にいった物件の広告がネット上に引き続き掲載されている不動産屋に行き10件以上照会しましたが、ほとんど物件は残っておらず現実に残っている物件は1?2件しかありませんでした。
物件を探す依頼をしてから、途中既に入居済になっているにもかかわらずネット上の広告は削除されていない、入居済と言う表示がされていませんでした。ひどいことに自分が別件探しを依頼する前から埋まっている物件もあり、担当者に確認したところネット上から消す手続きを怠っていましたという安直な回答をしたたため、おすすめ物件として掲載して自分のところに来させるような釣り物件ではないかと疑うようになりました。
結局はこの業者への信頼感が消えて別の業者で決定することとなりました。特に全国的な大手の不動産屋がネット上に掲載している物件の広告はあまり信頼できないということと、大手不動産屋といっても、物件はあまり持っていないということを痛感しました。
住みたい地区の街の不動産屋の方が物件を持っていて信頼感があるのではとも思いましたが、自分の場合は契約が法人契約であり、街の不動産屋では対応できないのではないかというところで反面不安です。

2017/06/04 16:10:04 |

不動産屋は家を探すために利用するため、安心して相談できることを確かめて決めると今後の生活のスタイルに合わせて決めやすくて便利です。住宅物件は価格が高いため注意事項を確かめ、今後の生活を安心して過ごせるように設備や間取りの状況を比較して決める必要があります。住宅物件の価格は地価の情況に応じて大きく変動しやすく、広さに応じて高くなるため選ぶコツをつかむことが大事です。口コミは選ぶきっかけになるため事前に内容を把握し、気軽に相談しやすいことを確かめて決めると希望する物件を探せます。
不動産屋は主要駅周辺など交通の便が良い場所にあり、気軽に立ち寄って物件を探すために利用すると役に立ちます。生活をする時は設備の耐用年数を超えると不具合が発生しやすく、支障をきたすためリフォームをする時期を正しく決めることが重要です。リフォームは設備の情況に応じてかかる費用が違うため、相場を確かめて必要な金額を準備できるように金銭計画を立てると安心できます。
不動産屋に関する口コミを知る目的は安心して利用できる店を探すきっかけにするためで、数が多いため失敗をしないように段取りを決めることが大事です。住宅物件は土地の価格が安い場所を探すと手軽に購入でき、ローンの返済期間が短くなるため今後の生活に役立ちます。物件を選ぶ時は見学して設備や間取りの状況を確かめ、今後の生活を安心して暮らせることを確かめて決める必要があります。

2017/06/03 14:51:03 | eastside

「不動産屋さんってたくさん種類があって、いったいどう選んだらいいんでしょうか?」
そんな疑問を持つ方は少なくないと思います。
不動産屋さんに詳しくない方の多くは、「不動産会社ごとに扱うことのできる物件が違う」と
思っていますが、これか必ずしも正しくはありません。
なぜなら、不動産屋は「REINS(レインズ)」と呼ばれる不動産業者専用の物件情報サイトを見ながら物件を紹介しているためです。
つまり、どの不動産屋さんで物件探しを依頼してもみんな同じサイトを見ているので、出てくる物件は同じになるということです。もちろん「未公開物件」という例外も中にはありますが…
それでは私たちは何を基準にして不動産屋さんを選ぶべきなのでしょうか?
答えは「サービス内容」と「営業マンの人柄」です。
不動産屋さんの多くは仲介手数料を取って儲けを出しています。これは売買の場合、3%+6万円などとほとんどの不動産屋さんで決められています。しかし、近年ではこの手数料を安くしたり、タダにしてしまう業者も増えつつあります。そうした不動産屋を選べば、物件購入にかかるお金は大幅に安くなるでしょう。
また、営業マンによってはイニシアチブを全面的に握ってしまい、物件探しの意見をなかなか言いにくい空気を作ってしまうことがあります。昔ながらの不動産屋は押しの強さで買わせてしまうというタイプが多かったためです。なので、「この人はちょっと話がしにくいなあ…」などと感じたらその営業マンからは離れましょう。
一生に一度のお買い物、嫌な思いはせずに済ませたいものです。

2017/06/01 16:03:01 | cheaha

賃貸物件を探した体験がありますが、その時に一番感じたのは、多くの不動産屋を比較することが大切だと言うことです。
その時のタイミングですぐに気に入った物件に出会えることもありますが、なかなか出会えないこともあります。
私の場合、何件も回って見つからなかったのに、最後に行った不動産屋では気になる物件がたくさんあって驚いた体験があります。
不動産屋の場合、それぞれで扱う物件は様々な面で違いがあります。新しい不動産屋と古い不動産屋でも、扱う物件に違いがあるかもしれません。
どちらが良いということは無いのですが、自分に最適な物件に出会うには、色々なところに足を運ぶことは必須だと自分の体験から感じました。
一方、所有物件を貸す場合も、複数の不動産にお願いする必要があると感じました。親しい知人が所有している事務所を、不動産屋を通して貸しています。
一時期全く新しい借主が見つからず、一年以上空き家になっていましたが、他の不動産屋にもお願いしたところ、すぐに借主が見つかりました。
その後も二回ほど借主が変わっていますが、いずれも同じ不動産屋を通してすぐに次の借主が決まり助かっていると言っていました。
そんな話を聞くと、貸す場合も借りる場合同様に、不動産屋を比較検討する必要があるのだと感じました。
ちなみにその不動産屋のご主人は比較的若い方で、他の不動産会社の方々ともお付き合いの幅が広いようです。
そのような付き合いから、お互いに情報交換して営業に活かしているようです。
私の知人の場合も、そんな不動産屋であったからこそ、すぐに借主が決まったようでした。