不動産屋の違いって?

「不動産屋さんってたくさん種類があって、いったいどう選んだらいいんでしょうか?」
そんな疑問を持つ方は少なくないと思います。
不動産屋さんに詳しくない方の多くは、「不動産会社ごとに扱うことのできる物件が違う」と
思っていますが、これか必ずしも正しくはありません。
なぜなら、不動産屋は「REINS(レインズ)」と呼ばれる不動産業者専用の物件情報サイトを見ながら物件を紹介しているためです。
つまり、どの不動産屋さんで物件探しを依頼してもみんな同じサイトを見ているので、出てくる物件は同じになるということです。もちろん「未公開物件」という例外も中にはありますが…
それでは私たちは何を基準にして不動産屋さんを選ぶべきなのでしょうか?
答えは「サービス内容」と「営業マンの人柄」です。
不動産屋さんの多くは仲介手数料を取って儲けを出しています。これは売買の場合、3%+6万円などとほとんどの不動産屋さんで決められています。しかし、近年ではこの手数料を安くしたり、タダにしてしまう業者も増えつつあります。そうした不動産屋を選べば、物件購入にかかるお金は大幅に安くなるでしょう。
また、営業マンによってはイニシアチブを全面的に握ってしまい、物件探しの意見をなかなか言いにくい空気を作ってしまうことがあります。昔ながらの不動産屋は押しの強さで買わせてしまうというタイプが多かったためです。なので、「この人はちょっと話がしにくいなあ…」などと感じたらその営業マンからは離れましょう。
一生に一度のお買い物、嫌な思いはせずに済ませたいものです。